古道具 海津 番頭ブログ 番頭滝川の独り言
アーカイブ : 2013 2月

春めいて・・・快晴

まぁ久しぶりに朝から良い天気でした。こんな日はやたら意味も無くウキウキしてしまう自分がいます。こんな日は仕事も捗るはずですが・・・
早速昨日仕入れて来たカッチョ良いタンスを綺麗にし、ガラス摘みの小引き出しもフキフキ。倉庫に仕舞って戻ってくるとお客様がちょうど来店。天気もいいしペンキも乾いた事だし、テラスを覆っていたビニールを剥がしテラス席OPENです。
屋根も出来ましたので小雨ぐらいなら景色を楽しみながらお茶出来ますよ。
暖かい日射しに誘われたようにみなさんテラスでお茶されてました。   番頭の作業は午前中で中断でしたが・・・

画像手前はししゃも  ではなく公魚です。一夜干しにすると又違った美味しさが楽しめます。
お茶するのが楽しくなりそうな、かわいいカップ&ソーサーもヨロシク!

一息

今日はここ数日の事を思うと暖かく感じ、一息つける感じでした(オオゲサカ)。

明日も晴れる様なので田畑の雪も溶けてゆくでしょう。

画像は数日前、雪の日の散歩の雪まみれのチャイ君と雪だるま。じゃなく印判のだるまのなます皿。

明日で2月は終わり。3月と聞くと”春近し”と思います。

野生の王国

店から琵琶湖を眺めていると、猟師さんに追われ必死で逃げ惑う鹿の姿が!
冬の琵琶湖を泳いで、上がって来そうな場所は自宅裏の浜。娘に電話で知らせるとすぐ浜に。でも、少し遅かったか出会えず。道路まで出てしまったか?と思い戻ると慌てて走ってくる娘の姿が・・・「に、に、庭に鹿がぁぁぁ〜!」
寒そうに震えていた若そうな鹿君がそこに。室内から眺めていても逃げない。出て行かれても町はパニックになるだろうし”そっと”しておきました。(夜中に無事帰って行きました)
どうやって来たかはこちらのブログへ

画像は面白い鹿柄の湯飲みと湖東焼の大鉢。帰ってしまうとちょっぴり寂しいです by家族談

▲ページトップへ戻る